うつ病の種類を知って治療をスタート|治すためのコツ

早めの治療を心掛けよう

医者

受診先を選ぶ時の留意点

心や体に影響を与えるうつ病は、初期段階での治療が望ましいです。そのため、その疑いがある時は、早めの受診を心掛けましょう。うつ病には色々な種類がありますが、原因不明の悲しみや不安に見舞われるのも特徴です。中には焦りとなって表れる場合もありますので、意味もなく焦燥感に駆られる場合も気を付けてください。軽度なら、好きなことをしている最中は楽しさを味わえるものの、それを行っていない時は気分が滅入りさらに進行してしまいます。そうなると、訳もなく涙ぐむことが増えてきます。うつ病の種類としては代表的な症状です。しかし、ここで気を付けなければならないのが、現実的には気分が滅入ることは何も起きていない以上、気持ちを切り替えてサッパリ忘れることができない点です。気分転換などの一般的な解消方法が効きにくいため、精神科や心療内科で相談するようにしましょう。落ち込むのと同様に、やる気が失せてしまうこともうつ病では多く見られる種類です。初期の段階では仕事や勉強や家事など、比較的面倒な物事に対してのみやる気が失せるだけですから、怠けと誤認することも多々あります。しかし、うつ病と気付かずに進行した場合、趣味や好きなことにもやる気が起こらなくなりますので、その点に留意しましょう。楽しみにも気力を失ってしまうと怠けとは違うため、早めに医療機関で相談してください。また、うつ病の場合、最初からやる気のない怠慢とは異なり、やらなければならないと分かっていても取り掛かれない状況が多いため、その点にも注意が必要です。そのほか、頭の回転が鈍ることも多い症状となっており、始めはヒラメキが減ったという軽い感じですが、次第に物忘れが増えたり暗算が困難になったりします。優先順位もおぼつかなくなりミスも増えますと、いつしか自責の念で負のスパイラルに陥りますので、その前に病院へ訪れるよう心に置きとめましょう。一方、うつ病は精神へのダメージだけでは済まず、身体的にも症状が表れるケースが少なくありません。例えば睡眠障害を起こすことをはじめ、便秘や下痢といった胃腸不良に見舞われる場合があります。便秘や下痢になって消化器内科を訪れましても原因は心因面にあるため、処方薬が大して効かないことも珍しくないのです。ですから、うつ病由来の身体症状は、心もしっかり治療するように気を付けましょう。そこで、精神科と心療内科のどちらへ通うか迷った場合ですが、体に目立った症状はなく、心や精神的な症状が主な場合は精神科を受診してください。そして不眠や胃腸不良など、身体症状が主な状況なら心療内科を受診しましょう。この2つの外来は似ているようで専門分野が違いますので、うつ病の種類や症状によって受診先を選ぶよう気を付けるのが肝要です。