うつ病の種類を知って治療をスタート|治すためのコツ

種類によって異なる症状

ハート

まずは種類を見極める

うつ病には、いくつか種類がありますが、大きく分けると次の2つに分類することができます。すなわち、「メランコリー型」と「非定型」です。後者の非定型については新型やディスチミア型などの別名もありますが、すべて同じです。この2つはそれぞれ同じような症状が表れますが、実際には全く異なるものです。似ている症状としては、やる気が出ない、ストレスを感じたら不眠症になる、心身が疲れやすい、集中力が続かないなどがあります。これらは種類に関わらず、うつ病に共通する症状です。それでは、「メランコリー型うつ病」と「非定型うつ病」の各々の特徴をみてみましょう。まずはメランコリー型ですが、まじめで責任感のある人や、仕事熱心な人によく見られるタイプです。何か仕事上の問題があれば自分の責任だと感じやすく、心と体が普通の人よりも疲れやすいです。また、その問題を自分ひとりで対処しようとして、無理をしてしまいがちな人にも多いです。こうしたことが大きなストレスになって、うつ病になるのです。普段からストレスを解消したり、リラックスしたりする時間を確保していれば、抱え込むこともなく予防にもなります。一方、非定型については、メランコリー型とは正反対の人がなりやすいタイプです。責任ある仕事に就くことを避けたがったり、問題が発生しても自分ではなく他人のせいにしたりと、気分の波が激しい人などによく見られます。仕事にやる気をもてずに簡単な仕事しかやらなかったり、自分の好きなことをしたりしているときには症状が出ずに、嫌なことをしているときに症状が出る傾向があります。非定型うつ病は周囲の人にワガママな人だと思われやすいのですが、実際には本人はとても苦しんでいます。周囲から誤解されてさらに症状が重くなることもありますので、周囲の理解とサポートが大切です。さらに、非定型の人は無意識のうちに疾病利得を得ている可能性もあります。この疾病利得とは、うつ病になっていることで得をしていることをいいます。具体的には、会社の中で自身がうつ病であることを主張して、周囲に配慮してもらえるケースが典型的です。病気だからと、周囲に難しい仕事を代わってもらったり、周りに仕事を手伝ってもらったり、嫌な仕事から逃れられるなど、利得を受けられる場合もあります。うつ病はしばしば仮病だと誤解されることですが、メランコリー型であれ非定型であれ、いずれの種類であっても、本人がとても苦しいというのは事実です。自身がうつ病だと感じたら、病院に行って診断してもらうことです。ほかにも、チェックテストで簡単に判定できます。そして、自身がどの種類に属するのかがわかれば、その種類に応じた治療が可能になります。